25日 11月 2022
2022 November 27th. Sunday.待降節第一主日。(First Sunday of Advent.) マタイによる福音: 24.37-44....
25日 11月 2022
第一朗読  イザヤ書 2:1-5 アモツの子イザヤが、ユダとエルサレムについて幻に見たこと。終わりの日に主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち、どの峰よりも高くそびえる。 国々はこぞって大河のようにそこに向かい、多くの民が来て言う。 「主の山に登り、ヤコブの神の家に行こう。主はわたしたちに道を示される。わたしたちはその道を歩もう」と。...
25日 11月 2022
待降節第1主日 △:わたしたちは神の救いを待ち望む。 1.待降節を迎え、新しい賛美のことばでミサをささげるわたしたちを照らしてください。主の訪れに備えて心を新たにすることができますように。△ 2.人々や国々の間に続く争いを早く終わらせてください。互いに相手を尊び、敬う心をもって、真の平和を築いていくことができますように。△...
19日 11月 2022
2022年11月20日 荻窪教会 ルカ23・35‐43...
19日 11月 2022
第一朗読  サムエル記 下 5:1-3...
19日 11月 2022
王であるキリスト △:キリストは王としてすべてを治めておられる。 1.主よ、神の国を待ち望むわたしたちを心にとめてください。みことばに力づけられて、あなたの救いのわざをあかしすることができますように。△...
12日 11月 2022
神様の印としての使命(ルカ21.5-19)  皆さん、気がつくと11月も半ばになり、教会の典礼暦による1年も終わろうとしています。今日の福音書では、イエス様がエルサレムで群衆になさった最後の説教について語られています。この説教は、エルサレムとその民に対する別れの言葉でもありました。...
12日 11月 2022
第一朗読  マラキの預言 3:19-20a 見よ、その日が来る、炉のように燃える日が。 高慢な者、悪を行う者はすべてわらのようになる。 到来するその日は、と万軍の主は言われる。彼らを燃え上がらせ、根も枝も残さない。 しかし、わが名を畏れ敬うあなたたちには、義の太陽が昇る。その翼にはいやす力がある。 第二朗読  テサロニケの教会への手紙 二 3:7-12...
12日 11月 2022
年間第33主日 △:わたしたちは神の国を待ち望む。 1.わたしたちが困難な状況にあっても、主がともにいてくださることを信じ、この喜びと希望を人々に伝えていくことができますように。△ 2.諸国の実情に目を向けさせてください。権力や抑圧によって、人々の言論や信教の自由が損なわれることなく、命の尊厳が守られますように。△...
06日 11月 2022
死者の復活について(ルカ20.27-38)  皆さん、今日の福音書は死者の復活、そして復活を信じた人間の生き方についてです。イエス様の時代、人が亡くなった後、復活するかどうか、意見が分かれていました。例えば、サドカイ派の人々は復活を否定していましたが、人は死んで復活するのではないか、と考えている人もかなりいたようです。...

さらに表示する